Warning: Use of undefined constant phpable - assumed 'phpable' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/blue0825/blue0825.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/head-insert.php on line 1

トルコ・ベシクタシュ移籍の香川真司3分間2得点の衝撃デビュー!

人気ブログランキング

1月31日にブンデスリーガ・ドルトムントからトルコ1部リーグ・ベシクタシュに移籍した香川真司が、現地時間3日敵地で行われたトルコ1部リーグ第20節アンタルヤスポル戦に81分から途中出場でデビュー。

16秒後のファーストプレイでドリブルから相手DFの股抜きの右足シュートを決めました。

更に2分後、ゴール正面左側からの直接フリーキックを任されると、ワンバウンドでゴールキーパーの反対側に決め、わずか3分で2点とベシクタシュ史上最速のデビュー戦2得点の衝撃デビューを果たし、勝利に貢献した。

現地メディアは「ドルトムントから来た日本人はこのようなデビューを望んでいた事だろう。彼は全身からプレーする喜びに溢れていた」

「彼のリードの下で、ベシクタシュは今後上位争いをする希望が出てきた」等と、6ー2で快勝してリーグ6位から3位に上がったベシュクタシュの起爆剤になることを示唆しています。

それにしても、今季ドルトムントで公式戦わずか4試合しか出場機会を与えられず実戦感覚が心配されていた香川にとっては、単なる持っているの一言では言い表されない神ががり的な最高のデビュー戦になりました。

香川自身は、「素晴らしい気分だ。入って3分で2ゴールも決める事が出来て嬉しいです。夢みたいですね」

1点目について、「自分自身も予想していなかった。ファーストタッチがファーストゴールになったからね。ラッキーだった、今日は運が良かったと思います」

2点目についても、「あれもラッキーなゴールだった。強いシュートではなかったが、ゴールキーパーが反対側に動いたからラッキーだった」

と、喜んではいるが浮かれた様子はありません。
「もっと練習が必要です。もっとトレーニングをしてもっと調子を良くしたい」と、先を見据えている。

ロシアワールドカップ直後からドルトムントに移籍希望を伝えていた香川。

11月にはスペイン移籍希望をメディア上で表明しましたが、シュットガルト、フランスのボルドー、モナコ、更にベシュクタシュ移動中にハノーファー移籍にクラブ間で合意し、あとは香川本人の判断に委ねられる等、転々としたが結局ベシュクタシュを選びました。

一方、地元メディアに報じられていた契約延長のオプションについてはベシュクタシュ側が想定していなかった、と明かして完全移籍オプションは否定した。

香川はこれからのベシュクタシュでの半年で復活して、スペイン移籍、ドルトムント復帰、あるいはベシュクタシュ残留等の道を選択して新たなステップに進む事になります。

コメント