Warning: Use of undefined constant phpable - assumed 'phpable' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/blue0825/blue0825.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/head-insert.php on line 1

根尾昴、藤原恭大、大阪桐蔭出身のドラフト1位指名コンビのライバル物語。

人気ブログランキング

春夏連覇を成し遂げた高校だから当たり前といえば当たり前かもしれませんが、それにしても同じチームから4人もドラフト指名されるケースは大学、社会人を含めても滅多にある事ではありません。

その中でも1位指名コンビの根尾昴(中日)、藤原恭大(ロッテ)の二人に注目してみました。

● 根尾昴(中日)

最近、大谷翔平の活躍からちょっと投手で打撃が良いと二刀流、二刀流と騒ぎますが、根尾のマルチな才能は二刀流なんていう安っぽい言葉では言い表せられないレベルです。

小学校、中学校、そして大阪桐蔭でも野球をやりながら常に成績はトップクラス。
更に、中学時代はスキー大回転で全国大会に優勝してイタリアの国際大会に代表として出場しました。

もちろん、本業の野球でも中学時代飛騨高山ボーイズで投手、遊撃手として活躍して三年には146キロを計測して注目集めました。

大阪桐蔭でも1年夏からベンチ入り、2年春からは投手、遊撃手、外野手までして主力になっていました。
甲子園での活躍は今更述べるまでもありませんが、投げては150キロ、50メートル走6秒0、遠投115メートルと走攻守全てにおいて超高校級です。

プロでも二刀流と騒がれましたが、本人はプロの厳しさを知っていて、遊撃手一本で勝負するようです。
更に、まだプロの体でないと認識していてとりあえずは体作りに励むというクレバーさもあります。

自主トレでふくらはぎに軽い肉離れを起こしたので、キャンプも少し出遅れになりますが焦っていないのも大物の証でしょう。
将来、中日の顔になるのは間違いない逸材です。

● 藤原恭大(ロッテ)

二刀流の根尾に注目が集まって実績の割には少し割を食った感がありますが、藤原も勝るとも劣らぬ素質の持ち主です。

あの大阪桐蔭で一年生からセンターのレギュラーとして活躍していたのですから、超エリートに間違いありません。

中学時代、オール枚方ボーイズで広島に1位指名された報徳学園の小園海斗とチームメイトで活躍していました。

圧倒的なパワーとスピードが持ち味で50メートル走5秒7、遠投110メートルと根尾に匹敵する身体能力の持ち主です。

自主トレ序盤からその打撃センスは評価されましたが、長打力だけでなくスピードも持ち合わせ、走攻守兼ね備える打者として早くもトリプルスリーを期待されています。

ロッテはここ数年、平沢大河、そして大阪桐蔭の一年先輩安田尚憲等……期待の新人の入団が続いてチームも活気づいています。
近い将来、ロッテの黄金時代が到来する可能性がありますが、その中心選手の一人に成れる素質の持ち主です。

根尾同様に、こちらは自主トレ中にインフルエンザで出遅れましたが、焦らないで体作りからじっくり取り組んでもらいたいと思います。

近い将来、交流戦や日本シリーズで根尾、藤原の大阪桐蔭コンビのライバル対決が観られるかもしれません。今からワクワクします。

コメント