Warning: Use of undefined constant phpable - assumed 'phpable' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/blue0825/blue0825.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/head-insert.php on line 1

セリーグ開幕戦、広島ー巨人激突!大瀬良圧巻の投球!

人気ブログランキング

昨夜3月29日プロ野球セ•パ両リーグが一斉に開幕した。
セリーグは4連覇を狙う広島と、丸佳浩が移籍した巨人の因縁の一戦として注目を浴びる上に、昨年の最多勝投手同士が先発して白熱の戦いになった。

自身5度目の開幕戦先発の菅野智之に対して、広島は初の開幕戦先発の大瀬良大地。
しかし、二人は昨年の最多勝を分け合ったエース同士。どちらも負ける訳にはいかない白熱の投手戦になった。

大瀬良は140キロ後半のストレートにウイニングショットとなったカットボールが冴え、毎回のようにランナーは出すが後続を断ち切って得点を許さない。

一方の菅野はそれほど調子が良いようには見えず、制球に苦しみながらもさすがの投球を見せて中心打者は抑えていたが、三回裏伏兵の安部友裕に真ん中に入ったカットボールを右翼席に運ばれてしまう。

両投手の失点はその1点だけだっただけに菅野には悔やみきれない1球になったが、7回までの二人の投げ合いは投手戦の醍醐味を味わえる緊張感のある好試合だった。

大瀬良にとっての第一関門は4回表。安部のホームランで1点リードした直後、丸を三振に斬った後4番岡本和真と5番陽岱鋼に連続安打を許してしまう。
しかし、後続を断ち切ってエースの働きを見せる。

ハイライトは8回表。代打阿部慎之助をショートゴロに仕留めた後、今日2安打の1番吉川尚輝と2番坂本勇人にヒットを許してクリーンアップを迎えるピンチ。
しかし、気迫のピッチングで丸、岡本を連続三振に仕留める圧巻の投球で得点を与えない。

その裏、味方の大量4点の援護で勝負あり。
開幕戦初先発とは思えない終始落ち着いたマウンド捌きで、伸びのあるストレートにウイニングショットとなったカットボールとスライダーで緩急を付けて危なげないピッチングはエースの貫禄さえ漂っていた。

開幕前から注目されていた丸との対戦も、「お世話になった先輩ですけど、グラウンドに立てば打ち取れるように投げました」と、冷静沈着に対応した。
その裏には丸に対する感謝の思いも持っている。
昨年まで同じチームの先輩として、野球の話しや打者目線でのアドバイスをもらった恩人でもある。

「抑える事が恩返しかな。そういう思いも持って対戦しました」
試合後、淡々と語る大瀬良には球団史上初の4連覇にエースとして大車輪の活躍を誓う覇気が漲っていた。

一方の巨人は昨年苦杯を舐め続けた広島にエース菅野で完敗。また昨年の二の舞になってしまうのでは……、という危惧を抱いたはず。
それを払拭するにはこの三連戦でまずは一つ勝つ事が大事だが、このところ広島に対して芽生えた苦手意識を払うには自慢の打線で打ち勝つ事が出来るか否かが肝要になってくる。

優勝を争うであろう広島ー巨人戦に目が離せない好ゲームが続く事を期待したい。

コメント