Warning: Use of undefined constant phpable - assumed 'phpable' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/blue0825/blue0825.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/head-insert.php on line 1

2019プロ野球ウォッチング

人気ブログランキング

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

プロ野球も自主トレや新人の研修会等も行われて早くもシーズンへ向けてスタートしています。

今年の注目は日本一のソフトバンクでもセリーグ三連覇の広島でもなく、原監督が就任してなり振り構わず補強に走った巨人ではないでしょうか。

FAで丸佳宏、炭谷銀仁朗。更にオリックスから中島宏之、メジャー復帰の岩隈久志、新外人ビヤヌエバ……、相変わらずの金満ぶりを発揮してストーブリーグでは断トツの優勝でした。

元々厚い戦力層の上にこの補強では優勝確実とボルテージを上げるファンも多い事でしょう。

しかし、そう簡単に運ぶのでしょうか?

私は戦力に物を言わせてぶっちぎりの優勝か、あるいは何とかAクラスに入って格好つける割合は半々と思っています。

確かにこれだけの戦力増強は他球団からは羨望の的でしょうが、それによる弊害にも目を向ける必要があります。

まず人的補償として内海哲也と長野久義がそれぞれ西武と広島に移籍しました。
若い選手を優先的にプロティクトした結果でしょうが、2人ともチーム生え抜きです。

特に長野は二度も他球団のドラフト指名を蹴って入団しただけに、巨人ファンからもそこまでするか、という声があがっています。

また、両選手と共に戦ってきた主力選手に与えた衝撃も大きい事でしょう。

プロにFAや移籍は宿命とは分かっていても割り切れない思いがあるのは人間だから仕方ない事でしょう。

そういった心理面が、シーズン始めから好スタートを切れば問題ないでしょうが、出遅れた場合にチームワークに与える影響は決して小さくありません。

更に、新外人ビヤヌエバ以外はキャリアハイを終えている選手ばかりというのも気になります。
今までの実績通りの成績を残せるかは甚だ疑問です。

特に、巨人にとって最も不安な投手力が補強されたとは言い難いと思っています。

シーズン終了後に大補強は間違いでなかったとチームもファンも納得出来る結果に終われば良いのですが……。

コメント