Warning: Use of undefined constant phpable - assumed 'phpable' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/blue0825/blue0825.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/head-insert.php on line 1

令和の一番星になれるか朝乃山!12勝3敗で無欲の初優勝!

人気ブログランキング

● 朝乃山英樹の足跡

場所前から混戦が予想されていた大相撲夏場所は、西前頭8枚目の朝乃山が12勝3敗で初優勝。三役経験の無い平幕優勝は元横綱佐田の山以来58年ぶりという、混戦場所を象徴するような結末で幕を閉じた。

1994年富山県富山市に生まれた朝乃山、本名は石橋広暉。富山市立呉羽小学校4年生から相撲とハンドボールを始めて、ハンドボールは富山県の強化選手になるほどの実力。呉羽中学校では最初ハンドボール部に入ったが、余りに厳しい練習に退部して相撲部に入部。3年生で全国都道府県中学生相撲選手権大会に出場。

上記の大会でもろ差しからきめられた際に左肘を骨折したため、高校では相撲を辞める事も考えていたが、富山商業高校相撲部の浦山英樹監督に声を掛けられて同校に進学して相撲を続ける。3年生時、選抜高校相撲十和田大会で準優勝。

高校時からプロ入りを意識し始め、大学相撲の名門•近畿大学に進学。大学時代は主要大会のタイトルは無かったが、全日本相撲選手権大会ベスト4で三段目付出の資格を得た。既にプロ入りする気は無くなっていたが、「お前には富山に帰っても就職先は無い。高砂部屋に入れ」と、富山商業高校の恩師•浦山監督に言われて、近大時代に春場所の際に合同合宿を行っていた高砂部屋に入門。

2016年春場所、三段目最下位格付出で本名の石橋で初土俵。トントン拍子に負け越し知らずで同年秋場所に幕下昇進。九州場所には幕下15枚目以内の全勝すれば関取になれる位置まで番付を上げた。

この場所部屋の関取朝赤龍が不振で幕下に降格すれば1878年(明治11年)の高砂部屋創設以来、139年輩出し続けてきた関取がいなくなるピンチになり石橋への期待が高まったが、5勝2敗に終わり期待に応えられなかった。しかし、翌2017年初場所全勝優勝を果たして富山県出身力士としては元関脇琴ヶ梅以来20年ぶりの関取誕生となった。

関取と同時に四股名を変えて高砂部屋の由来の朝と、富山の山、富山県出身第22代横綱太刀山の山、自分の愛称の人間山脈等から山を取って朝乃山。下の名前は幕下優勝を果たして関取昇進が確定的になったのを見届けるように翌日、癌のために40歳の若さで亡くなった高校時代の恩師浦山英樹監督の英樹として、朝乃山英樹と名乗った。

● 一気に令和の星になれるか

関取になった後も十両を3場所で通過して、新入幕の2017年秋場所も10勝5敗で敢闘賞受賞。ここまでは順調過ぎるくらいに出世街道を一直線に歩んできた朝乃山。しかし、翌九州場所西前頭11枚目で5勝10敗と負け越すと幕内下位では勝ち越しても、中位では好成績はあげられずに常に横綱大関と顔を合わせる前頭上位には上がれず、最高位は西前頭5枚目と足踏み状態が続く。

今場所も定位置ともいえる西前頭8枚目。まさか優勝とは本人も周りの人も想像もしていなかったに違いないが、身長187センチ体重170キロ台の柔らかくて堂々とした体格から、関係者の間では大器という評判が前から挙がっていた。ただ、得意の右四つ左上手を引いてどっしり構えれば強いが、その格好になるのが遅い上に、自分より上位の力士には上手をやらない相撲を取らないと、上には勝てないという関係者もいた。

しかし、最近番付を上げてきた貴景勝、御嶽海、阿武咲等の若手は全て押し相撲。若さと勢いで番付を上げても横綱大関を維持するには安定感のある四つ相撲でなければ難しいのも事実。そういう意味でも朝乃山のスケールの大きい四つ相撲を注目している関係者は多い。

巡業中に胸を貸した白鵬は、「自分に近い。柔らかさ、重さ、力強さがある」と、その素質を認めていた。更に、晩年怪我で苦しんでいた元横綱稀勢の里は、「当たりが強い。伸びしろもまだまだある」と評価して巡業中三番稽古の相手に指名していた。「貴景勝や御嶽海等の押し相撲が先に上に行ったが、体の良さはこちらの方が上」とも言って、朝乃山のスケールの大きな四つ相撲に期待している。

はっきり言って、今場所はノーマークの気楽さと無欲と、白鵬の不在や上位陣の総崩れ状態というツキも味方にした初優勝。優勝を決めたとはいえ、翌日の千秋楽でこれからのライバルの一人御嶽海に押されて、右四つになりながら一方的に寄り切られた一番を見ても、まだ地力は三役常連の御嶽海が上だ。

優勝したとはいえ、一過性で終わらせてしまう力士もいる。13日目の栃ノ心の一番のように積極的に前に出る、右四つ左上手の速い攻めを意識して取る事が上位陣との取組では求められる。それが朝乃山のスケールの大きい四つ相撲を更に進化させてくれるに違いない。

『石橋、お前はよく相撲を頑張っている。俺の誇りだ。横綱になれるのは一握り。お前にはその無限の可能性がある。富山のスーパースターになりなさい』

恩師浦山英樹監督の遺書通りに、富山の、いや角界のスーパースターになれる素質を開花させた今、更に実らせるにはより一層稽古に励んで、スケールの大きい四つ相撲を進化させるしかない。

 

コメント

  1. Methadone Maintenance Program より:

    Free Drug Treatment Centers http://aaa-rehab.com Alcohol Rehab Centers http://aaa-rehab.com Alcohol Abuse Treatment Centers
    http://aaa-rehab.com